1杯の酢を入れて入浴するだけで心地良い匂いに変わる

健康な肌は弱酸性とされています。身体の表
面につく悪い菌を増殖させないための仕組み
として理解されている現象です。
また、肌のために必要な常在菌は、弱酸性の
環境を好みます。

もしも、何らかの理由でこのバランスが崩れ
ているとすれば、体臭のモトである悪い菌が
増えてしまうかもしれません。

そこで、汗の臭い防止策としておすすめした
いのが、コップ1杯の酢を入れた「酢風呂」
す。

浴槽のお湯に酢を入れると、クエン酸の殺菌
作用から細菌の繁殖を防ぐことができます。
また、酢には発汗作用があるとされています
から、お湯の暖かさから得られる血行促進に
加え、より多くの汗をかくことができます。

普通の酢(薄黄色)のものなら、コップ1杯、
黒酢ならおちょこに2杯程度が適当です。

先ほどご説明した割合(普通の酢ならコップ
1杯・黒酢ならおちょこ2杯)で「お酢風呂
の湯」を作ったら、少しぬるめのお湯加減で
ゆっくり浸かってください。

一般的に酸性の温泉は「治しの湯」と呼ばれ、
殺菌効果の高さから水虫や湿疹にも重宝され
てきました。多少刺激が強いため、アトピー
性皮膚炎などの方は薄めの割合から試してみ
てください。

気になる酢の臭いも、入浴後にシャワーで洗
い流せば臭いは残りませんので大丈夫です。

自分にあった割合がわかれば、これをコツコ
ツ毎日続けてください。継続は力なり。

温泉もたった1回こっきりではなかなか効果
は得られず、湯治(少なくとも1週間)する
ことがベストとされていますから、お酢風呂
も毎日続けることが大切です。

「酢風呂」を1週間も続けていると、不快な
汗の臭いが心地いい匂いに変わっていきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする